特定技能で求人を出す際のポイント!効果的に特定技能外国人を受け入れよう!

特定技能で求人を出すポイントについて理解しておくことが、効果的に特定技能で外国人人材の雇用につながります。

基本的には日本人人材を雇用する場合と同様に求人内容を充実させるのが大切ですが、他にも特定技能独自のポイントもあるのは理解しておきましょう。

自分たちが希望している条件とマッチしている外国人人材を雇用するためには、求人内容についても注意してください。今回は特定技能で求人を出すポイントについて解説するので参考にしてみてください。

特定技能について

特定技能は外国人人材を雇用して、日本で労働力不足に陥っている業界で労働力不足を解消することを目的として定められました。

近年日本では少子高齢化などの背景から働き手不足が深刻化しており、国内だけでは十分な労働力を確保するのが難しくなっています。

全体的に労働力が不足している中でも特に不足している12分野に対して、即戦力として働ける外国人人材を確保して生産性の向上などが目的です。

また、特定技能では日本語能力試験と勤務を希望している業界の試験があるため、日常的なコミュニケーションと業界の専門知識両方を持った人材を雇用できます。

特定技能で求人を出すポイント

特定技能の求人を出すポイントはさまざまですが、基本的には外国人人材にとって魅力的な条件を提示することが大切です。

例えば、自分が働こうと考えた場合に重視する内容を充実させて、不安になってしまう要素をできる限り排除している求人を探すでしょう。

自分が働きたいと思うような内容で求人を出して、特定技能で働いてくれる外国人材を見つけられるような工夫をしなければいけません。

特定技能で求人を出すポイントとして以下の3つが挙げられます。

  • 給与面を充実させる
  • 福利厚生を手厚くする
  • サポート体制の充実

それぞれのポイントについて把握して、どのような求人を出せば人が集まるかについて把握しましょう。

給与面を充実させる

特定技能で求人を出す場合に最も重要視される項目が給与面であり、同業他社と比較してどれくらいの給与条件できるかは判断材料にされます。

例えば、特定技能であれば転職などで新しい職場を探しているケース・技能実習が終わって特定技能での働き先を探しているケースが多いです。

そのため、以前働いていた会社よりも給与面で充実している先を探すのは自然といえ、同じ仕事内容でも給料が下がってしまう人は候補として考えません。給与面を充実させれば、同業他社と比較した際に応募してくれる外国人人材は多くなるでしょう。

福利厚生を手厚くする

福利厚生を手厚くして働きやすい環境を整えるのも大切であり、給料や勤務地などの希望がマッチしていても福利厚生面がマッチしないケースは珍しくありません。

福利厚生の内容は企業によってさまざまですが、外国人人材が希望するのは住居に関しての福利厚生です。会社側から寮などの住環境を提供される場合は一人部屋かどうか、自分自身が住む環境を探すなら家賃補助があるかどうかが重要視される傾向にあります。

他にも希望される福利厚生の内容はありますが、内定辞退を避けたいなら面接時などの福利厚生については説明しておきましょう。

サポート体制の充実

サポート体制の充実は雇用後にも重要であり、異国で生活をして仕事をするストレスや不安などを理解することが大切です。

給与面や福利厚生を充実させるのもポイントですが、普段から積極的にコミュニケーションを取るなどの配慮も求められます。

他にも日本で生活をするための生活オリエンテーション・公的手続きへの動向なども挙げられるでしょう。サポート体制を充実させて外国人人材が働きやすい環境を提供するのがポイントです。

特定技能についての求人を出す場合の注意点

特定技能を出す場合の注意点は抑えておかなければ、そもそも特定技能の求人を出せません。注意点を抑えないまま求人を出して特定技能で雇用をしてしまえば、違反行為として指導が入ります。

特定技能求人を出す場合の注意点は以下の2つが代表的です。

  • 労働条件は日本人と同様に設定する
  • 支援体制の構築と支援計画書を作成する

それぞれの内容についても解説するので参考にしてみてください。

労働条件は日本人と同様に設定する

労働条件は日本人と同様に設定する必要があり、同じ仕事内容をしている日本人と特定技能で採用された外国人人材は労働条件が同じかそれ以上でなければいけません。労働条件とは勤務時間や給与などに加えて、各種手当や賞与・残業代なども含まれています。

労働条件に関しては厳しく審査されるケースが多いため、労働条件を明らかに悪くしていると違反行為です。労働条件は日本人と同様に設定して、外国人人材が安心して働ける環境・十分に生活できる給与などを守ってください。

支援体制の構築と支援計画書を作成する

特定技能では日常的な日本語でのコミュニケーション能力は試験されますが、どうしても仕事や公的手続きで難しい部分は母国語で支援できる支援体制を構築しなければいけません。

また、支援計画書も作成して出入国在留管理庁に提出して、支援計画書の内容に問題がないかを確認されます。支援体制の構築と支援計画書を作成しますが、自分たちで準備が難しいと感じた場合は登録支援機関に委託しても問題ありません。

注意点としては登録支援機関は数多くあるため、どこに依頼するかはこれまでの実績や対応してくれるスタッフなどを確認してから決めるのが大切です。

特定技能で外国人人材を雇用するルート

特定技能で外国人人材を雇用するルートはいろいろありますが、多くのケースで活用される方法は以下の2つが挙げられます。

  • 求人広告
  • 人材紹介会社

費用などに関しては求人広告の出し方や人材紹介会社によって違うため、詳しい費用を知りたいなら先に確認してください。

また、どこに依頼するべきか迷っているなら、これまでの特定技能求人を出した実績などを比較するのがおすすめです。2つの方法についても紹介します。

求人広告

求人広告は求人サイトに求人を掲載して、興味を持った外国人人材から連絡が来るのを待つ方法です。

外国人人材を集めるのに特化している求人サイトもあり、給与面や福利厚生面が充実しているなら短期間で多くの応募が期待できます。自分たちの求人内容が同業他社と比較して良いと感じるなら、求人広告で求人を掲載するのは有効な方法です。

注意点としては求人広告の内容などは自社で作成するため、場合によっては求人を掲載するまでに多くの手間が必要になります。

人材紹介会社

人材紹介会社は求人を出す側から希望している条件を伝えて、条件に合致している外国人人材を紹介してもらう方法です。

人材紹介会社は多くの情報を持っているため、他の求人方法と比較して高い確率で採用条件に合っている人材を見つけられる傾向にあります。

紹介手数料を支払わなければいけませんが、紹介手数料が発生するタイミングとしては紹介された人材が内定したタイミングが多いです。そのため、人材を紹介されても内定を出さなければ紹介料は発生しません。

特定技能で外国人人材を雇用して労働力不足を解消する

特定技能で外国人人材を雇用して労働力不足を解消するのが目的ですが、特定技能で外国人人材を受け入れるためにはさまざまな準備が必要です。

給与面や福利厚生面での準備だけでなく、一人一人が働きやすいようなサポート環境の構築なども求められます。

また、支援体制の構築と支援計画書も作成する必要があり、特定技能で求人を出すための条件を満たさなければいけません。

労働力不足を解消するためにも、先に自分たちが特定技能について詳しく知ることが大切です。理解しないまま外国人人材を雇用してしまえば、違反行為になってしまい企業全体の信用にも悪影響があるかもしれません。

参考記事・参考URL

Global HR Magazine 国内の特定技能外国人を募集・集客する方法とは? 募集・集客方法からコストまでを解説!

https://global-hr.lift-group.co.jp/213

Global HR Magazine 在留資格「特定技能」とは?特定技能外国人の採用から支援まで徹底解説

https://global-hr.lift-group.co.jp/7

ビザ申請・帰化申請NAVI 特定技能外国人の待遇や労働条件、労働環境はどうするべき?

https://visanavi-law.com/column-specifiedskilledworker-conditions.html
外国人財の受け入れをサポート

Jintre@2x

技能実習・特定技能を使って人材不足を解決できます!

★ 海外の若くてやる気のある人財が見つかる ★
★ 離職率&採用コストがダウン ★
★ 即戦力の人財がフルタイムで働いてくれる ★
さらに... 面倒な書類作成などをまるっとサポートいたします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事