外国人はどこで採用する?外国人採用サイトまとめ!おすすめ5選

外国人労働者を雇用する企業は年々増え、自社でも外国人を採用したいと考える企業も多いのではないでしょうか。しかし、どのように求人を出せばよいのかわからない方も多いと思います。

本記事では、外国人労働者を雇用する利点や外国人採用サイトを活用するメリット・デメリット、外国人採用サイトの選び方、おすすめの外国人採用サイトを紹介します。

外国人労働者を雇用する利点

年々外国人労働者を雇用する企業が増えています。外国人を雇用することで、どのような利点があるのでしょうか。外国人労働者を雇用する利点は次の通りです。

  • 人手不足を解消できる
  • 企業のグローバル化を図れる
  • 刺激になる
  • 専門的な技術を持つ人材を採用できる

日本は少子高齢化に伴い、労働者人口も減少しています。いまや、日本で働く日本人の平均年齢よりも日本で働く外国人労働者の平均年齢の方が若く、外国人労働者を採用することで若い人材の確保にも繋がります。

外国人労働者の中には英語の他に母国語、日本語を話せるマルチリンガルも少なくなく企業のグローバル化も図ることができます。多言語が話せる外国人に触発され、英語の勉強を始める社員が増えるなど何かしらの刺激を与えることもあるでしょう。

母国を離れて日本で働きたいという外国人は、仕事に対して意欲的な人材が多いです。就労ビザを取得する関係から、専門的な技術を有する人材もいるでしょう。

このようなことから外国人労働者を雇用することには、あらゆる利点があります。

外国人採用サイトを活用するメリット・デメリット

外国人の雇用を考えたとき、どこで求人を募集すれば良いのか迷ってしまう企業も多いかと思います。外国人を求人する場として、外国人採用サイトというものがあります。

外国人採用サイトを活用するとどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。外国人採用サイトを活用することが自社に合っているのか見極めましょう。

外国人採用サイトを活用するメリット

外国人採用サイトを活用する最大のメリットは、優秀な外国人材の目に留まりやすいということです。また、日本語以外に英語・中国語・韓国語など多言語に対応しているので、日本語が苦手な外国人材にも募集内容が母国語でしっかり伝わります。

また、外国人採用サイトは外国人材の採用をサポートしてくれるところもあります。就労ビザや日本滞在に関する法律や決まりの情報提供、外国人材の住居探しなどあらゆるサポートが充実しているのが特徴です。

外国人採用サイトを活用するデメリット

外国人採用サイトを活用するデメリットは、求人掲載費用がかかることです。ハローワークであれば求人掲載に費用が掛かりません。

しかし、ネットの普及率を考えると、費用をかけて外国人採用サイトに求人を掲載した方が優秀な外国人材に出会える確率が高いかもしれません。外国人採用サイトはコストパフォーマンスの面でも優れています。

外国人採用サイトの選び方

外国人採用サイトは、いくつかあります。どのように選べば良いのでしょうか。外国人採用サイトを選ぶポイントは次の通りです。

  • 料金形態・料金発生のタイミング
  • 雇用形態
  • サービス内容

料金形態・料金発生のタイミング

求人サイトの料金発生のタイミングは次の3種類があります。

  • 掲載課金
  • 成功報酬
  • 掲載課金+成功報酬

「掲載課金」は求人を掲載した時点で料金が発生するシステムです。そのため、1人採用しても100人採用しても料金が変わらないのが特徴です。複数人の採用を予定していたり、応募への基準がそれほど高くない場合に適しています。

「成功報酬」は、求人を掲載時点では料金が発生しません。応募があった場合や採用した場合に料金が発生します。求人数が0人であれば料金は発生せず、採用数が多ければ多いほど料金がかさみます。

「掲載課金+成功報酬」は、求人掲載時にも採用が決まった際にも料金が発生するシステムです。コストは1番かかりますが、その分サイト側のサポートも手厚いのが特徴です。エリートや特別な専門知識を有する求人を出す場合に適しています。

雇用形態

外国人採用サイトごとに、得意な雇用形態が異なります。アルバイトが得意な外国人採用サイトにはアルバイトでの仕事を探す外国人材が多く集まりますし、正社員が得意な外国人採用サイトには正社員で仕事を探す外国人材が集まります。

どの雇用形態で外国人材を採用する予定なのかによって、外国人採用サイトを使い分けましょう。

サービス内容

外国人採用サイトのサービス内容はサイトによって大きく差があります。上記でも述べましたが、「掲載課金+成功報酬」の料金システムのサイトはサポートが手厚い傾向にあります。また、大手サイトであればサービス内容が豊富です。

大手は業界に特化することなく総合的なサイトが多いので、業界に特化したサイトで求人を出したいか、サービス内容が豊富なサイトで求人を出したいか自社に合ったサイトを選びましょう。

おすすめの外国人採用サイト5選

ここでは、外国人を採用するのにおすすめの求人サイトを紹介します。採用サイトによって特徴が異なりますので、自社に合ったサイトを見つけましょう。

アルバイトにおすすめのサイトと正社員におすすめのサイトに分けて紹介します。

アルバイトにおすすめのサイト2選

最初に、外国人材をアルバイトで探す場合のおすすめ採用サイトを紹介します。会社の規模や状況によっては、アルバイトでの採用が適している場合もあるでしょう。

アルバイトを希望する外国人材は、日本に住んでいる外国人留学生が多いのである程度日本語ができる人材も多いです。

WORK JAPAN

WORK JAPANは、外国人材の登録が国内最大級の外国人採用に特化したサイトです。農業やリゾートバイトなど地方の求人募集や特定技能人材の募集も可能面接予約システムを採用していて、求人の掲載から応募、面接までスムーズです。

3万円からお試しできるのが特徴です。中国語とベトナム語に対応しているので、中国人とベトナム人の採用も安心。在留資格や国籍情報を掲載されていて、企業側も外国人雇用情報を仕入れやすいサイトです。

外国人人材バンク

外国人人材バンクは、アルバイト専門の外国人採用サイトです。外国人スタッフの紹介・派遣も可能です。職種が明確に分けられているので、志望職種がはっきりしている外国人にとって使いやすいサイト。

専門のコーディネーターによるオーダーメイドマッチングサービスがあり、求める人材をさがしやすいのが特徴です。

正社員におすすめのサイト3選

次に、外国人材を正社員で探す場合のおすすめ採用サイトを紹介します。会社にしっかり根付いて長く仕事をしてもらいたいのであれば、正社員で採用するのが適しています。

日本人と同じように昇給制度も整っていれば、外国人材のモチベーションも保つことができてお互いに気持ちよく働くことができるでしょう。

Daijob.com

Daijob.comは、1998年に設立された外国人採用サイトです。登録人材数・企業数共に多く、特にIT人材の採用が得意なのが特徴。

外資系から日系グローバル企業までさまざまな企業が登録しています。登録者の3人に1人が年収500万円以上の即戦力となる人材が多いので、優秀な人材を探している企業におすすめです。

GOWELL

GOWELLは、外国人材が6,000名以上、企業が7,000社以上登録する実績のある外国人採用サイトです。アジア語翻訳・通訳事業でNo.1の会社が運営しているため、アジア人材に特に人気です。

就職後も在留許可や仕事上の悩み相談も無料で行っていて、アフターサポートが充実しています。

外国人求人ネットACE

外国人求人ネットACEは世界137カ国、約60,000人を超える外国人材が登録する外国人採用サイトです。外国人キャリア転職や正社員中途採用、新卒採用までしっかりサポートしています。

登録している企業はグローバル企業やインバウンド向け企業ばかりで、母国語や日本語を活かして働きたい外国人材が豊富です。

【まとめ】外国人採用サイトで上手に採用活動をしよう!

ここまで、外国人労働者を雇用する利点や外国人採用サイトを活用するメリット・デメリット、外国人採用サイトの選び方、おすすめの外国人採用サイトを紹介してきました。

外国人採用サイトは費用がかかりますが、その分サービスも充実しています。外国人採用サイトを上手に活用し、スムーズに採用活動をしましょう。

WORK JAPAN  外国人採用サイトまとめ!募集する側も応募する側も必見の10社を徹底比較!

https://www.workjapan.jp/information/column/job-board-summary10.html

WORK JAPAN 求人サイト

https://www.workjapan.jp/special/food-retail.html

外国人人材バンク 求人サイト

https://job.gtn.co.jp/

Daijobu.com 求人サイト

https://www.daijob.com/

GOWELL 求人サイト

https://gowell-jp.com/

外国人求人ネットACE

https://tsubasainc.net/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事